バブルクリーパーのコンセプトは微振動です。
最小限のロッドアクションでも反応する各パーツ。
横の移動距離を短くしてもワーム自体が動いてくれる・・・云わば「動かさずに動くワーム」を作りたかった。
また水流にも各所についている水受けがしっかりと水を噛んで動き、張りのあるボディーからは微振動が発信されるのだ。
大型になればなるほどこの微振動が好きで思わずバイトしてくる。

 

大型ハサミ
このクローは根元を極限まで薄くし、爪先に向かうにつれてボリュームを持たせることでハイアピール仕様に。
そしてリブを入れることにより、より水を噛んでくれてフォール時には狂ったように動いてくれる。
クローにはイボを付けることに不規則に動く。静止時にも存在感たっぷりだ。

 

足部分
マイクロレッグの足の長さはプルプル震えるか震えないかのギリギリの接待。
水流で微振動を起こすマイクロレッドは最小限のロッドアクションでプルプル震えスレた大型には特に効果的だ。

 

ボディー
ボディーには沢山のリブを設定。
これはリブの中に空気が溜まり、ロッドアクションで不規則に空気が出る。この「空気」アクションが大型を狂わす。
そしてリブが付いてあるとフックが刺しにくかったり、ワームがまっすぐに刺せなかったりしたがフックを指す箇所のみリブを退けているのでセットしやすい。

 

ヒゲ
バブルクリーパーには長い髭を設定。
甲殻類は髭が後ろにあると戦闘モードでなかなか魚もアタックしにくい。
が、油断した甲殻類は髭が後ろから前に倒れてくる。その瞬間を魚は狙ってくる。その動きを出したかったので髭を長くし、
後ろからゆっくりと前に倒れてくる動きになっている。

 

リグ
テキサス、ジカリグ、フリーショット、ラバージグなど、すべてのリグに適応する。
テキサスリグの場合は主にリフト&フォールで使い、爪のバタバタ動きでハイアピールに、サーチ的に使用。
ジカリグの場合はここぞという場所、その場所にいると設定し微振動の動きで食わせにかかる。
フリーショットは全体で水を受け今までできなかったクロー系のボトムノーシンカーの最高の食わせアクション。

Bubble Creeper 4 (バブルクリーパー4インチ)

¥864 通常価格
¥777セール価格
カラー

    © 2017 by Chill Inc.

    0