ChillシンカーW183 応用編

どうも、マサです。


9月に東インドネシアに行ってきました。

狙いはパプアンバス!!怪魚好きな人ならすぐにわかる、

「淡水最強」と呼ばれている魚です。

どれだけ強いのか?と聞かれると説明が難しいですね。



そんなパプアンバス釣りに行ってきた際に少し試したいことがあって、

その結果をお伝えしようかなと思います。


まず、簡単にパプアンバス釣りの話をします。

基本的に、ストラクチャーゲームになります。レイダウンやブッシュ、オーバーハングの下など様々なストラクチャーに付いています。そこにディープクランクやミノーなどを投げて狙います。いかにストラクチャーにタイトに投げるかが釣果の差につながる釣りです。


この釣りに関してツアーを企画している私として、

「釣り上手な人はいいけど、ミノーとかクランクってどうしてもストラクチャーに引っかかるよね?釣りがうまくない人でも釣れる方法ないかな?」

なんて、考えていて思いついたのが


IMAKATSUのステレススイマーに21gのシンカーをつける!!

驚くほど、動きがよく、根がかりが少なくなる!

そして、課題のフッキングもIMAKATSUさんの考案した磁石のおかげでものすごくいいんですよ!!



難点は、一匹釣れたら十中八九壊れてしまうことなんですけど。。。

しかし、絶対に一匹を釣らせたい、けど根がかり多すぎる人には間違いなく私はこのリグを紹介します。


W183タングステンシンカーの購入は↓

こちらから

ChillオリジナルラグランTシャツの購入は↓

こちらから

パプアンバス釣行で力を発揮したLatebloomings510+の購入は↓

こちらから


それでは!!

115回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示