• Chilloutfishing.com

開幕!!伊豆半島アカハタショアロック

Chillout代表のマサです。今回紹介するのは、伊豆半島アカハタショアロックです!

ここ数年ブームであるハタゲーム。九州や山陰のイメージが強いですが、関東から近い伊豆半島にもアカハタ、オオモンハタがいます!今回は、伊豆半島で使うルアーを紹介したいと思います。



ハタゲーム・ロックフィッシュゲームと聞くとどうしても根がかりを気にされますよね。

「すごく良い根が沈んでいるのはわかるけど、根がかりが怖い、、、」

「カサゴやムラソイは防波堤で釣ったことがあるけど、ハタがどこにいるかわからない」

こんな悩みからまだ、この楽しい釣りに一歩踏み出せていない人が多いと思います。

そんな時の一つの答えがタングステンシンカーだと思います。根がかりの多くは、ボトムからの得られる情報が少ないため、根がある場所をかわせずに根がかりになってしまいます。





根をかわす有効な手段の一つがシャッドテール系ワームを利用したリフト&フォールです。キャストした後、フリーフォールで底をとり、大きくリフト&フォールをしてください。

ここでポイントはリフト&フォールを5回から6回したら回収することです。何回もリフト&フォールを繰り返しているとラインの角度がなくなり、根がかりに繋がります。自分が攻めたい距離を決め、10mキャスト、20mキャスト、30mキャスト、、、と刻んでいくことが重要です。そうすることによって、根がかりを軽減し、より丁寧にハタ類を狙うことができます。



おススメするワームは、ケイテックのSWING IMPACT FAT3.8インチと4.8インチです。

レスポンスが早く、アピール力があるため、広範囲に魚を探すことができます。また、フッキングもよいのですっぽ抜けなども解消できます。


ケイテック Swing Impact FAT を購入はこちらから!!




ChillOutFishing W183 はこちらで購入できます!!


ぜひ、一度ケイテックとタングステンシンカーを使ってハタを狙ってみて下さい。


ChillOut マサ


431回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示