• Chilloutfishing.com

海外釣行アロワナ【ルアー&フック】


ChillOut代表のマサです。

来週末からインドネシアにアロワナ釣りに行ってきます!!

非常に貴重な魚、1週間ルアーを投げて1バイトあればいい。そんな釣りを求めて海外に行く人も少なくないと思います。

私も海外釣行をする際は、自分が釣りたい魚のためにいろいろと考え事をします。


今回、アロワナ釣行に向けて私が一軍として選んだルアーとフックセッティングをご紹介します。


今回紹介するのはメインルアーであるトップ。

左上から

①ラッキークラフト サミー115

②Heddon ソルトウォータースパースプークjr

③Rapala スキッタープロップ

④deps Pulsecod

⑤Megabass ポップマックス

以上の5つです。アロワナ釣行は基本的にトップをメインに使うので少し多めにピックアップしました。


使うフックですが、今回はガマカツのTreble RB Hを使用することにしました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ガマカツ【Treble RB H】の購入はこちらから

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

理由としましては、とにかく貫通性能。アロワナは口回りが非常に硬く、中々フッキングしません。せっかくのバイトを乗せることができないと後悔に繋がってしまいます。

海外釣行だとTreble XHとかSTX68とかを用いるひとも多いですが、私の個人的な考えは、第一にフッキングです。魚が針にかからなければ、話にならない。ましてや貴重な魚であればなおさら。特にフッキングが良いのはガマカツだと思います。フックの強度はファイトの仕方を工夫すればいいんです。

まずは、「フッキングです!!」


では、それぞれのフックセッティングです。


サミーに使用するのは、Treble RB Hの#3番。



スパースプークjrにはTreble RB Hの#4番



スキッタ―プロップには、ベリーフックにTreble RB Hの#5番、リアフックに#6。



Pulsecodには、ベリーフックにTreble RB Hの#4番、リアフックに#5。




ポップマックスには、ベリーフックにTreble RB Hの#4番、リアフックに#5番。


私の狙いはできる限りフックを大きめにセットするのがポイントだと思っています。ルアーが動くギリギリのサイズをつけてあげることによってフッキング率が向上すると考えています。


ChillOutでは、ガマカツフックを幅広く取り扱っているのでこの夏夢を求めて釣りに行く人は新しいフックに交換して挑んでみてください!!


ガマカツフックの購入はこちらから↓↓

ガマカツ Treble RB H



384回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示