• Chilloutfishing

フラッシュJはシーバス最終兵器


こんにちは!ビックリマン高田です。

今回はタイトル通り!


フラッシュJがシーバスに効くというお話。


フラッシュJ商品ページはコチラ


シーバスは抵抗がないピンテールワームが大好きなのですが、その中でもトップクラスにシーバスに好かれているのがフラッシュJです。


ぶっちゃけ他のワームと何が違うんだ!といわれたら、まぁそうですね。3つくらい違うところがあります。


一番のメリットはこの大きな目(アイ)でしょうか。

そう目。


シビアな魚は目があるかないかだけで、食いが格段に違うんですよ。

また、バイトマーカーにもなるので頭部を食ってくるからフッキングもめちゃくちゃいい。


二点目は中に内蔵された板状のアルミホイル。スパインって呼ばれてるんですけど、まずはフラッシング効果。デイゲームとかで使うとギラッ!と光るんです。

この明滅はほかのワームではなかなか出せません。

これは動きにも一役かっていてアルミホイルのおかげで必要以上にウニャウニャなりません。ジグヘッドに付けるとシャープに動いてくれます。


三点目は針持ち。シーバスやってたらわかると思いますけど、バスに比べて圧倒的にミスバイトが多い。よくワーム単体だけズラされてボロボロになることがあるんです。

でもフラッシュJは大丈夫。針持ち抜群です。


シーバスにおいてワームってのはデイゲームとか、そういうところで使われると思うんですけど、個人的にはルアーローテーションの一角を担ってます。


ゴミや木やゴロタなど、障害物を撃っていくことが多いんですけど、その時にまず根掛かりも少ないし、ゴミも拾いにくい。チャンスを逃しにくいので取りこぼしも減ります。

あと、僕はもともと琵琶湖育ちの人間なのですが、レンジ操作による食わせが非常にやり易い。シーバスルアーってレンジキープに特化したものが多いんですけど、ジグヘッドワームならレンジ操作が自由自在。シーバスってレンジを刻みながらのカーブフォールや、ピックアップ直前の動きが大好きなんですよね。


あとはシングルフック1本が貫通してしまえばバレにくいっていうメリットもあります。


なかなかシーバスを食わせきれなかったり、ハードルアーでは攻め切れない状況でフラッシュJ。お勧めです!


ウチのショップのカラーは激釣れカラーばかり激選してるので、どの色も安心して選んでください。3インチと4インチはベイトのサイズによって使い分けましょう。


フラッシュJ商品ページはコチラ




2,368回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示