バスロッド並みの使用感・操作性を持たせつつ、全体的なパワーと引き上げ、ロッド全体を強化。日常の釣りターゲットから、ある程度までの大型魚とのファイトにも十分に対応可能なモデルに仕上がりました。

ティップはソフトですが、バットは強靭。全体的に張りがあって、負荷がかかると竿先から絞り込まれるように綺麗に曲がる。ティップがソフトなため、ワーミングなど底物系での使用の場合、魚に違和感なく食い込ませ、フックアップに持ち込め、ある程度、巻き抵抗のかかる巻物系プラグを使用する場合、アタリと同時にスィープにガッチリと掛けていくことが可能。ブランク全体に適度な張りを持たせているため、ワーミングからジギングまで、縦・横の攻めにおける操作性が良く、地形変化を読み、タフコンディション下においても、ショートバイトを素早く感知。

 

ソフトかつ張りのあるティップのため、ピンスポットを狙う際のキャスト精度も飛躍的に向上しました。バット部は強靭かつ、トルクを持たせてあるため、ロッド全体でタメながらキャストすれば、3オンスクラスのビッグベイトや大型プラグも難なくキャスト可能。幅広いルアー・釣り方・魚種を想定した、ヘビーバーサタイルなブランク設計です。

 

エルホリゾンテ70が行き着いた変則3ピースという形。国内・海外問わず、釣り旅は常に移動の連続です。大切なロッドをトラブル無くコンパクトに持ち運ぶとなると、継ぎ数を多くしたパックロッドが理想になります。

 

しかし、継ぎ数が多くなることによって起こりえるロッドの強度低下。強度を補おうとするがためにブランクは必然的に厚くなり、不要な硬さ、また重くなってしまい、使用感が損なわれるなどの問題点がありました。国内における普段の釣りから、見ず知らずの海外へ行った時に相棒となるロッド。自分の釣りを展開し、まだ見ぬ魚に出逢うために、訪れる数少ないチャンスを逃さないためにも、ブランク性能は妥協したくないというのがありました。

 

ブランク性能を損なうこと無く、コンパクトに収めるにはどういったロッドが必要なのか。行き着いたのが変則3ピースという形です。仕舞寸法はアベントゥーラ59と同じ136cmのため、海外に持ち込む機会の多いTULALAショートロッドシリーズと共に、ショートバズーカで持ち運ぶことが可能です。

 

グリップ箇所とバット箇所で継ぐことのできる変則3ピース設計により、パックロッドに有りがちな先重り感を軽減。7フィートクラスのロングロッドでありながら、ブランク性能を殺すこと無く、ショートバズーカで世界を飛び回ることが可能となりました。

SPEC


Length:7ft(3ピース)
Closed length:1360mm
Cast weight:6-100g

Line:PE6

Rod weight:195g

Action:Regular fast

© 2017 by Chill Inc.

0